ばれにくい豊胸手術とは?

ばれにくい豊胸手術についてご紹介していますので参考にして下さい。
MENU

ばれにくい豊胸手術とは

胸を大きくする方法はいろいろあります。手術もそのうちの一つです。ある意味では確実にバストアップできる利点もありますが、問題なのは周りにばれる事がある事です。ここではどんな豊胸手術がばれやすいのかまとめました。

 

ばれやすい豊胸手術とは

人に豊胸手術をした事がばれる時には、いくつかのパターンがあります。よくあるのは、手術した後の内出血がひどい、変化が大きすぎて周りが気づいてしまう。傷跡が残っている。感触が自然でないなどです。これらの点をうまくクリアできれば、多くの場合、ばれる事はないと言えます。

 

豊胸手術にはいろいろとありますが、ばれにくい豊胸術としてプチ整形のヒアルロン酸の豊胸術について見てきましょう。

 

気づかれないように豊胸手術するには

ヒアルロン酸の豊胸手術の場合は、注射で注入するので、傷は片側の1か所で針穴だけです。内出血する事はほとんどありません。服を着ていればばれる事もまずないです。しかし、水着を着る予定がある人は要注意です。最低でも2週間前ぐらいには手術を終えておくようにしたいところです。

 

理由は手術した後すぐの時には、胸が張り、筋肉痛のような痛みもあるためです。また手術した事を周りに気づかれないようにするには、サイズアップを1カップ程度にとどめておく事です。

 

いきなり大きくしたら、周りにもやはりばれやすいのです。ですから周りに気づかれる事がない程度にカップ数を大きくすればいいでしょう。また、女性の体の仕組みから胸の感触やバストの大きさは、月経の影響を受けます。

 

月経の前後で1カップぐらいサイズが変化する事もよくある事です。さらにホルモンの関係により乳腺組織が腫れて、張りが出てきます。女性の体にはこのような変化がある事から、1度の変化を1カップほどに抑えておくとばれる可能性は低くなります。

 

ばれる事はないのか

手術後にヒアルロン酸が馴染んだ胸は外科医も判別するのが難しいと言われます。そして、多くの場合には周りにばれてしまう豊胸手術はシリコンインプラント豊胸です。人は年齢を重ねていく事で、皮膚が薄くなりますからシリコンインプラントの形が浮いてしまうのがその理由の1つです。

 

胸が小さくていろいろバストアップのためにしてみたけれど、対して効果もなかった。そこで豊胸手術を検討している人もいますね。でも気になるのはやはり手術した事が人にばれる事。

 

でも、豊胸手術にはいろいろあり、後からばれる心配がある手術はおおよそはシリコンインプラントの手術です。安易に手術を受けるべきではありませんが、もしもの時の事も考えるなら、トラブルを起こす可能性が低い豊胸手術を選択するといいでしょう。

このページの先頭へ